老介護の日々の記録です。記事は娘がアップし、コメントは72歳母が頑張って書いています。写真は母が携帯で撮ってきます。お仲間さんたち、専門家のアドバイス、お待ちしてます。


by amiamimami

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

OS-1

e0119864_2195567.jpg

先日父が急に発熱しました。
幸い、数日前に ygracia さんから、「体液に近い水分補給液」を教えてもらって、さっそくそれを購入していたので、飲ませました。
私が味見すると、塩味強くて「これは飲めないかも」と思ったのですが、父はそれはそれはたくさん飲みました。
体がそれを欲する状態だったのでしょうね。
一晩に3ボトルくらい飲みました。そして翌日は一日眠り続けました。
それが良かったのか、熱は一日で下がり、今は普通に起きて食事をしています。
喜んだ母は、ボトルとゼリーの両方を箱で注文し、で~んと玄関に積んであります。

ygracia さんに感謝です。
[PR]
by amiamimami | 2008-11-15 21:16 | おじいちゃん

水車

e0119864_1837341.jpg

父は土曜からショートに入っています。
以前は「何日と何日をお願いしたい」と頼んでいたのですが「何日から何日まで空きました」と言われると、そこをそのままお願いするようにしています。
逆に「何日は、どうしても急に入りたいっていう人が出てきたのですが、譲って頂いてもいいですか」と言われたら「いいですよ」とも言っています。
そのためか虫食いにしか取れなかったショートが、1週間から10日くらいとれるようになりました。

その間、母は、ほぼ毎日でかけて歩かせたり、歯磨きをさせたりして帰ってきます。
今日は母の代わりに、私が行きました。
「お父さん歩くよ」と声をかけると
「いや、今日はいい。もういっぱい運動した」
「何したの?」
「走り高跳びとかね、、そういうのを」と答えていました。
母に言うと怒られるので、私には言うのでしょう。

そのかわりに2階の窓から、水車を長いことながめていました。
30分も眺めていたでしょうか。
e0119864_18371812.jpg

昨日看護師さんから「利尿剤を使っているのに、おしっこが少ない」と連絡がありました。
今回はいつもの階と違うところで、担当もまったく新しいので、水分補給が十分でなかったのかも知れません。
交代勤務で食事やおやつの時間についていると、トータルでの水分の量が分からなくなったのかも知れません。
飲むのも遅いので、「もう要らないのかしら」と下膳されることが、続けばそういうことになるかもしれません。
今日は、水分ゼリーを持って行って、食事やおやつ以外にも、夜中に目が覚めていても「水ゼリー飲みますか?」と聞いてください、「飲む」と言ったら持たせてください、自分で飲みますから、、と預けてきました。
施設にお願いすると、家族ほどはやはり行き届かない分は出ますが、それを考えても、家族介護の限界もありますので、お互い上手に協力し合ってやるしかないなあ、、、と思います。
[PR]
by amiamimami | 2008-11-03 18:52 | おじいちゃん