「ほっ」と。キャンペーン

老介護の日々の記録です。記事は娘がアップし、コメントは72歳母が頑張って書いています。写真は母が携帯で撮ってきます。お仲間さんたち、専門家のアドバイス、お待ちしてます。


by amiamimami

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日の旅館

e0119864_20444100.jpg

さて、初めてのショートスティ、特養Sに行った父ですが、帰ってから「今日、泊まった旅館はなんていう名前やった?」と母に聞いたそうです。
「ご飯もおいしかったし、サービスも良かった」とのことです。
すぐに母もそのことをショート先に電話で伝えたら、むこうもすごく喜んでくれたようです。
ここは先日「写真を持っていらしてください」と言ってくれたところです。

後からケアマネさんの話では、父が眠らなかったため、一人職員さんが11時まで話し相手をしてくれたそうです。夜勤の職員さんだったのか、遅番の職員さんの残業だったのか、、、さぞや大変だったと思いますが。。。。
そんなわけで「サービスのいい旅館」になったようです。

ただ、送迎の時間が、遅く迎えに来て、早く送ってくるのが泣きどころだそうです。

そして今日は、また別のショートSに泊まっています。
こちらは半年ぶりの利用です。
ここは翌日の夕方7時まで預かってくれるのですが、利用料金の実費が12000円と言うのが泣きどころです。
これこそ、「旅館」です。

この花は母の友人が咲かせた珍しい花らしいです。
名前は、うろ覚えで、、、フウラン??だとか。。。
[PR]
by amiamimami | 2008-06-23 20:59 | おじいちゃん

抑肝散

e0119864_21281030.jpg

抑肝散を処方してもらったのが、五月の末。
そろそろ結果が出てきたのか、「あいうべ体操が」いいのか、最近好調らしいです。
まず、話が通じるのが一番嬉しいと母の言葉。
「うーうー」と唸るのは唸りますが、前ほどではありません。
お狐さまも、最近はあまり訪れないようです。

ディサービスの連絡帳にも、最近、調子がいいですね、と書かれています。
e0119864_212818100.jpg

母が薬の写真を撮ろうとすると、amiが出てきて、邪魔します。
手を伸ばしたり、薬の上に横になったり。
猫って、なんでこうですかね。
しかも、黒猫は写真に取り難い。顔があるんだか、ないんだか、まったく表情が見えません。

母もこの薬を飲んでみたいそうですが、なかなか、医者に行けないので、父の次回の診察日に頼んでみる、と言っています。
[PR]
by amiamimami | 2008-06-17 21:39 | おじいちゃん

写真展終わって

e0119864_2110526.jpg

写真展が終わりました。
持って帰ってきた後は、駐車場に並べて、近所の人に見てもらいました。

先日、新しいショートスティの特養から、看護師さんとワーカーさんが面談に見えました。
持ってきた名刺が大きな文字で、父も母も、老眼鏡をかけないで見えます。
これは、いい配慮ですね。
あんな大きな文字の名刺は始めてみました。

e0119864_21101261.jpg

丁寧にいろいろ聞いてくれました。
「そうですか、校長先生をされていたんですか」
「趣味は、写真ですか?では、ショートにいらっしゃる時、ぜひ写真をお持ちになって、写真展を開いてください」とのこと。
その言葉に、母は、感激していました。
今までの生活や、人格が尊重されている気がする、、、と。

もうすぐ、お試しショートです。
父にとっても、母にとっても、よい施設でありますように、、と願っています。

これは、柿の実。
座布団に座った子供のようで、可愛いから好きだと、母が拾って来ました。
[PR]
by amiamimami | 2008-06-09 21:23 | おじいちゃん