老介護の日々の記録です。記事は娘がアップし、コメントは72歳母が頑張って書いています。写真は母が携帯で撮ってきます。お仲間さんたち、専門家のアドバイス、お待ちしてます。


by amiamimami

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0119864_2153254.jpg

鍼治療の様子です。
薬も手術も何も治療法はないと言われていますので、ではそれ以外の方法で、何かないかとすがるような気持ちで続けています。
効いているのかいないのか分かりませんが、出かけた日は、目が開いて、足もしっかりしているようです。
また、本人の言葉ですと、喉が気持ち悪いのが治るそうです。

この写真は、頭に鍼を打っているところ。
「認知症が進んできたんですけど、、何とかなりませんか」と母は相談したそうです。
「できる限りいろいろやってみましょう」と言ってくれたとか。
、、、いやあ、、これで、なんとかなるのかどうか、、、、中国4000年の歴史。

1回の治療費は1500円。
私は、何より効果があるのは、そういう希望を持って、電車に乗って出かけ、外でご飯を食べて、人を見て人と話をしてくることなのではないかと思っています。

e0119864_21535793.jpg

先日、すこしばかり、雪が降りました。
暖かいところの出身なので、雪が降ると「仕事休む」「学校休む」と大騒ぎになります。
父と母は、「今日、ディサービスは休みなんじゃないか」と大いに心配しました。
今、父の最大の関心は、ディサービスですから。
[PR]
by amiamimami | 2008-01-27 22:10 | おじいちゃん

故郷の友達

e0119864_2322054.jpg

父の故郷の友達が、自分で10日もかかってアジを20匹釣って、干物にして送ってくれました。
手紙には「買った方が安いけれど、君のことを心配している僕の気持ちを伝えたい」と言ったような内容でした。
焼いたアジを3枚におろして??渡すと上手に食べています。
食べ慣れた味だから美味しそうに食べます。
e0119864_23221968.jpg

故郷の「熊野古道」の絵はがきを送ってくれる友人もいます。
昔の同僚や幼なじみからの励ましの手紙もあります。
本当にありがたいと、母は言います。
父の方は、不思議なことに「家に帰る」とも「田舎に帰る」とも言わず、今の暮らし、「そろそろ腹へってきたよ」と「明日はどこに行くんや?」にだけ、関心を残し、故郷のことも遠くに行ってしまったようです。
故郷の友人達からの励ましは、父より、むしろ母への励ましになっています。
[PR]
by amiamimami | 2008-01-18 23:22 | その他

お年玉

e0119864_216639.jpg

母の同僚だった人で、母達と一緒にamiを追いかけ回して捕まえた人(命の恩人とも言うらしい)が、amiにお年玉をくれました。
「amiちゃんの好きなものを買って、残ったら、なんか食べてね~」って。
母は、粋なことをするねえ、って喜んでいました。
e0119864_2162053.jpg

夜、散歩をすると、とてもいい香りがしたそうです。
父が「何の花やろ、ええ匂いやねえ」って言ったので、昼間、探したら「ロウバイ」だったそうです。
こんな小さな地味な花なのにね、花の少ない季節に夜道を楽しませてくれてるんですね。
[PR]
by amiamimami | 2008-01-09 21:04 |

お正月休み

e0119864_20521316.jpg

母の仕事場が年末年始お休みです。
amiの産みの親、野良ami母たちのご飯が心配で、父と母は毎日エサをやりに出かけます。
2匹の猫が待っています。
1匹は、齢、十数年、仕事場の誰よりも古くから居るそうです。
「あ~あ、野良猫にエサやるなんて、迷惑なばあさま達だねえ」って私が言うと
「捕まえて避妊手術してるから、もう大丈夫」と言い返してきます。

e0119864_20522878.jpg

父は歩くときに、こうやって母の自転車に捕まって歩きます。
これが一番、安定して長く歩けるそうです。
杖をつくと、バランスを崩すし、シルバーカーはコントロールが難しかったそうです。

今日は弟夫婦がやってきてお年賀の挨拶。
その後、二人で、またこうやって、猫のエサやりに出かけました。
[PR]
by amiamimami | 2008-01-03 20:53 |