老介護の日々の記録です。記事は娘がアップし、コメントは72歳母が頑張って書いています。写真は母が携帯で撮ってきます。お仲間さんたち、専門家のアドバイス、お待ちしてます。


by amiamimami

カテゴリ:おじいちゃん( 61 )

今日の旅館

e0119864_20444100.jpg

さて、初めてのショートスティ、特養Sに行った父ですが、帰ってから「今日、泊まった旅館はなんていう名前やった?」と母に聞いたそうです。
「ご飯もおいしかったし、サービスも良かった」とのことです。
すぐに母もそのことをショート先に電話で伝えたら、むこうもすごく喜んでくれたようです。
ここは先日「写真を持っていらしてください」と言ってくれたところです。

後からケアマネさんの話では、父が眠らなかったため、一人職員さんが11時まで話し相手をしてくれたそうです。夜勤の職員さんだったのか、遅番の職員さんの残業だったのか、、、さぞや大変だったと思いますが。。。。
そんなわけで「サービスのいい旅館」になったようです。

ただ、送迎の時間が、遅く迎えに来て、早く送ってくるのが泣きどころだそうです。

そして今日は、また別のショートSに泊まっています。
こちらは半年ぶりの利用です。
ここは翌日の夕方7時まで預かってくれるのですが、利用料金の実費が12000円と言うのが泣きどころです。
これこそ、「旅館」です。

この花は母の友人が咲かせた珍しい花らしいです。
名前は、うろ覚えで、、、フウラン??だとか。。。
[PR]
by amiamimami | 2008-06-23 20:59 | おじいちゃん

抑肝散

e0119864_21281030.jpg

抑肝散を処方してもらったのが、五月の末。
そろそろ結果が出てきたのか、「あいうべ体操が」いいのか、最近好調らしいです。
まず、話が通じるのが一番嬉しいと母の言葉。
「うーうー」と唸るのは唸りますが、前ほどではありません。
お狐さまも、最近はあまり訪れないようです。

ディサービスの連絡帳にも、最近、調子がいいですね、と書かれています。
e0119864_212818100.jpg

母が薬の写真を撮ろうとすると、amiが出てきて、邪魔します。
手を伸ばしたり、薬の上に横になったり。
猫って、なんでこうですかね。
しかも、黒猫は写真に取り難い。顔があるんだか、ないんだか、まったく表情が見えません。

母もこの薬を飲んでみたいそうですが、なかなか、医者に行けないので、父の次回の診察日に頼んでみる、と言っています。
[PR]
by amiamimami | 2008-06-17 21:39 | おじいちゃん

写真展終わって

e0119864_2110526.jpg

写真展が終わりました。
持って帰ってきた後は、駐車場に並べて、近所の人に見てもらいました。

先日、新しいショートスティの特養から、看護師さんとワーカーさんが面談に見えました。
持ってきた名刺が大きな文字で、父も母も、老眼鏡をかけないで見えます。
これは、いい配慮ですね。
あんな大きな文字の名刺は始めてみました。

e0119864_21101261.jpg

丁寧にいろいろ聞いてくれました。
「そうですか、校長先生をされていたんですか」
「趣味は、写真ですか?では、ショートにいらっしゃる時、ぜひ写真をお持ちになって、写真展を開いてください」とのこと。
その言葉に、母は、感激していました。
今までの生活や、人格が尊重されている気がする、、、と。

もうすぐ、お試しショートです。
父にとっても、母にとっても、よい施設でありますように、、と願っています。

これは、柿の実。
座布団に座った子供のようで、可愛いから好きだと、母が拾って来ました。
[PR]
by amiamimami | 2008-06-09 21:23 | おじいちゃん

写真展

e0119864_2134031.jpg

ボランティアで運営されている喫茶店「ほっとスペース包(ぱお)」で、父の採った写真展をやってくれました。
元気な頃は大きなカメラセットを抱えてお祭りや、動物、北の風景を撮りに行ったものです。

先日、見学に行った施設はどちらも感じのよい施設でした。
ひとつは、特別養護老人ホームです。職員の対応が優しく、明るいです。
呆れた話ですが、今、利用している施設は外部から人が来ても、挨拶さえ出来ません。
見学に行ったところは、すれ違う人がみな「こんにちは!」と明るく声をかけてくれました。
そういう教育を受けているのですね。
その影響か、施設内のボランティアさんも、みんなすれ違うたびに挨拶してくれます。
これも、ただほったらかしだと、こうはなりません。
こちらでお試しショートを受けてくれることになりました。
さて、どんな施設か楽しみです。
e0119864_2135266.jpg

もうひとつは、普通の民家を利用している「地域密着型多機能施設」です。
認知症対応で、時間もフレキシブル、ディ機能とショート機能と訪問介護機能を持っていて、総合的に見てくれるところです。
地元で非常に評判の良いところです。
送迎の時間もかなり融通を利かせてくれるようです。
利用料は定額制で、何日ショートを利用しようと(実費の部分は別)ディをどう不規則に利用しても同じ額です。
申し分ないと思ったのですが、父に聞いてみたところ
「ええとこかもしれんけど、今しばらくは行くわけにはいかんわ。○○と●●に行かんならんからねぇ」とのこと。
今通っているディサービスを「勤め」だと思っているようです。
確かに、今回見学したところ、良いところですが、「家から、普通の家に行くだけ」なので、そこから出ることなく過ごすと、ショートの時は、まるで一日家で過ごすのと変わらなくなりそうです。
ディサービスのバックを「勉強道具」「書類」が入っていると言う父。
朝になったら出かけることと、「訓練」や「練習」が好きな父。
勤勉な性格そのままに、老いていきます。
[PR]
by amiamimami | 2008-05-27 21:33 | おじいちゃん

あいうべ体操

e0119864_2214430.jpg

最近、母がはまっているのは「口の粘膜から免疫を高める方法」とか言う「あいうえべ体操」です。
なんだか、大きな声で、父に発声させている声が聞こえてきます。
最近はヘルパーさんも巻き込んで??「あー、いーぃ、、、」とやっています。
いいんだか悪いんだか分かりませんが、「薬が効かない病気だと言われたから、よいと言われるものはやってみたい」そうです。
大事なことは、刺激を与えつづけると言うことなんでしょうね。

最近、ショート先の特養から「問題行動が多くて困っている」と、言われています。
トリプタノールの副作用か、躁状態なのか、、。
近々、病院に行くので、漢方を含めて相談してくると、母は言っています。

しかし、、、、、特養は、、、噂どおり、、、××ですねぇ。
私は知的障害の施設に勤めていますが、研修や資格取得の実習のために、介護保健施設に行くことがよくあります。
そこで、いつも、障害者関係の施設との人権感覚のレベルの違いに愕然としてしまいます。
本人への接し方、連絡帳の書き方、家族との話し方、どれひとつとっても、私達の職場なら、施設長から、どやしつけられること間違いないです。太鼓判です!黒星三つです!

まあ、じっくりよその施設も当たってみたいと思っています。
[PR]
by amiamimami | 2008-05-15 22:22 | おじいちゃん

カットクロス

e0119864_2211673.jpg
食事の時のエプロンも、適当な物がなくて、探していました。
重いのは可愛そうだし、持ち歩くのも大変。
布は汁物をこぼすと染みるし、ビニールにも適当な物がない。。
と言っていたら、私の友人が「カットクロスはどうかしら?」と美容院で使うエプロン???をためしにと譲ってくれました。
これは、足まですっぽり隠れるから、外出しても服を汚さないで済むし、軽いので持ち歩きにも便利です。
もちろん散髪には完璧です。最近は、すっかり「カアチャン床屋」ですから。
この写真は、玄関の鏡の前に座らせて、床屋の最中です。
カバーの上で髪はツルツル滑って落ちるので、ビニール巻いてやってたときとは大違いです。
助かりました。

先日、病院に行こうとした時「僕、どこも悪いとこないよねぇ?もう、鍼治療も止めていいんじゃないかな」と母に言ったそうです。
痛みを感じないこと、自分の不自由を感じていないことが、何よりありがたいと母は言っています。
[PR]
by amiamimami | 2008-05-01 22:22 | おじいちゃん

イチヂク浣腸

e0119864_21452677.jpg

お茶ゼリーを作ったり、ポタージュ飲ませたりして、水分補給に気を使っているのですが、それでも便秘になります。1週間に1回は摘便するか、浣腸します。
今日は、すっきり出たようで、よい調子で寝ています。
でも、日によっては、残便感を訴えて、何度も何度もトイレに通って大騒ぎです。
e0119864_21451386.jpg

体が、右側に傾いてしまいます。
これは、食事中に、どんどん傾いてきて、その内アゴをついて、そのまま寝てしまったところです。

母は「お父さん、って呼ぶのやめて、Wさん、って苗字で呼んでみよう。
お父さんって呼んだら、ほら、なにしろ、なにするな、って言ってしまうけど、
Wさん、って呼んだら、何しましょう、、って丁寧な言葉になるから」だそうです。
いろいろ考えているようです。

そういえば、昨夜、父が起きだして煩いので、母が怒ったら父が言い返してきたそうです。
「ものには、言いかたって云うもんがある。口の利き方に気をつけなあかん」
仰るとおりです。
[PR]
by amiamimami | 2008-04-10 22:05 | おじいちゃん

お狐さま

e0119864_21402362.jpg

最近ちょくちょく、ちいさなお狐さまがつきます。
一昨日は「ご飯食べたら、O先生の様子見てくる。心配だから」と田舎で当時近所に住んでいた同僚の家に行きだしそうになりました。
昨夜は「Uさんが、死にたいって言ってるらしい。様子見てくる」と、これまた当時の上司の名前を出したり、、。
今、どこにいるつもりなのか、不明です。
今日は「いよいよ、自衛隊に行かなくちゃならん」とのこと。
「どうしたの?」と聞くと、
「この家の下に、不発弾があるから、掘り出してもらわなアカン。」とのこと。
おー、怖い怖い。

母は
「普通かと思えば普通じゃない、それじゃなんだと聞かれたら、お狐さまのお越しです木の葉一枚あげるから、早めのお帰り願います」と唄っております。
[PR]
by amiamimami | 2008-03-05 21:50 | おじいちゃん

日本手ぬぐい

e0119864_228474.jpg

ちょっと母が目を離した間に、ヘッドギアをかぶらないで動き出して、転倒して頭を打ちました。
日本手ぬぐいで、アイスノンをぐるぐる巻きにしてあります。
踊り用の手ぬぐいって、普通のより長いから、こんな芸当ができるらしい。
「よく考えたね」と言うと「踊りじゃありません、泥棒じゃありません、、って題でブログにのせて」とのこと。
そういうこと言えるって、母に余裕があるってことですね。
それが嬉しいです。
でも、「そんなセンス無い題いやだあ」って、無情にボツにしました。

今日は、新しいショートスティの面接に行ったそうです。
ディで利用しているところなので、母は安心しているようです。
[PR]
by amiamimami | 2008-02-14 22:29 | おじいちゃん

ジャージ

e0119864_2171545.jpg

父はジーパンが好きで、それに必ず、ベルトを締めます。
元来おしゃれな人で、田舎暮らしのサラリーマンの時代から、つるしの背広を買わないで、オーダーの背広を買う人でした。
ところが、ジーパンにベルトだと、トイレが間に合わないことが多くなりました。
手伝っても、なかなかうまくいきません。
そこで、なんとかジャージに替えてもらいたかったのですが、ジャージをはかせると「もっとマシな服に着替える」と、わざわざ着替えて出かけます。
納得してもらうのために、スポーツ店に行き、父の好きな「ミズノ」のジャージ、かっこよさそうなを5本買ってきました。
これで、どうでしょうね。。。。

e0119864_217240.jpg

今日は、雪。
ディサービスが休みじゃないかと心配しましたが、お迎えの車は来ました。
昨年某ディサービスは、すこし雪が降ったら休みになってしまいました。
今回は違うディサービスだったので、大丈夫だったみたい。
「ありがたいねえ」って母が繰り返していました。
そうですよね、仕事に行かなくちゃいけない家族がたくさんいるんだから、少々雪降ったくらいで休みにするなんて、とーんでもないと私も思いますよ。
運転のプロもいるんだから、チェーンつけてきなさいっ。
これくらいで休んでいたら、北海道や東北のディは冬の間中休みになっちゃう。
[PR]
by amiamimami | 2008-02-03 21:21 | おじいちゃん