老介護の日々の記録です。記事は娘がアップし、コメントは72歳母が頑張って書いています。写真は母が携帯で撮ってきます。お仲間さんたち、専門家のアドバイス、お待ちしてます。


by amiamimami

IHヒーター

e0119864_21424515.jpg

母が出かけていると、しっかりしているときの父は「お母さんが帰ってくるから、お茶粥を作っておく」と言って台所に立ちます。
お茶粥は父の故郷の食べ物です。
優しいね、お父さん。
でも、それを見てしまったら、ひぇ~!!怖いよぉ。
(しっかりしてない時の父は「お母さんが居らん」とあちこち探し回ります。)
それで今回IHヒーターを入れることにしました。
父は新しい事を覚えることが出来ないので、実質上これで、台所で煮炊きは出来なくなると思います。
可愛そうですが、火事と火傷の心配はなくなります。
でもこれは、同時に、母のためでもあります。
父を見ていて、「新しい事が覚えられなくなる」ということを実感しました。
「様子を見て」「その内、、、」では遅くなる。
だから、色々覚えられ、色々チャレンジすることができる時に入れて、長く台所に立ってもらおうと思ったのです。

IHヒーターの代金は妹と私が出しました。
汚物洗濯専用の洗濯機も注文しました。
これは、弟が送ってくれたお金をためて母が買いました。
介護を楽にするために、お金は不可欠だと痛感する今日この頃です。
[PR]
by amiamimami | 2007-06-30 22:03 | おじいちゃん