老介護の日々の記録です。記事は娘がアップし、コメントは72歳母が頑張って書いています。写真は母が携帯で撮ってきます。お仲間さんたち、専門家のアドバイス、お待ちしてます。


by amiamimami

針治療

e0119864_17153938.jpg

父は毎週、茗荷谷の筑波大学理療科教員養成施設に針治療に通っています。
今までどうしてもこうしても、目を開けることができなかったのですが、治療を受けていると瞼を開けられることが多くなりました。
とは言え、「はい、ふっーって息はいて」って言いながら、周りの人が父の瞼を持ち上げるのですが。
またしばらくすると閉じてしまいますので、日に何度となくそれを繰り返します。
でも、少しでも目が開いてる時間が長いと便利で楽しいですよね。
これは、その施設の前の公園のオブジェです。ここでひと休みして帰ってくるようです。

母は、まだコメントしか入れられませんが、それでも、深夜までリンクさせていただいた方の記事をずっと読んだり、覚えたばかりの「検索」のワザで、調べ物をしています。
どなたの記事だったのか分からなくなったり、リンク先に意識せずに飛んで分けがわからなくなったりしているようですが、気晴らし以上のものが得られていると思います。
コメントを入れてくださる皆さんのおかげです。
[PR]
by amiamimami | 2007-06-10 17:36 | おじいちゃん