老介護の日々の記録です。記事は娘がアップし、コメントは72歳母が頑張って書いています。写真は母が携帯で撮ってきます。お仲間さんたち、専門家のアドバイス、お待ちしてます。


by amiamimami

脱出

e0119864_23122749.jpg

狭い家なのに父が見当たらなくなり、探したら、トイレにいたそうです。
便座によじ登り、カーテン後ろの物置スペースにもぐりこもうと努力しているところだったそうです。
で、「うーん、ここから出られるな」とつぶやいていたとか。
それから、おもむろに、壁の小窓を見上げ「ここからも、出られるな」と確認したそうです。
指には園芸用の針金を固く結び付けてあったとか。

その場で母に叱られたみたいですが、「何してたか聞いてみればよかったじゃん」と私に言われ、母が聞いたところ、指の針金は「戦争中のことを忘れないようにするため」だそうです。
、、、、聞いても謎は解けないけど、、聞いておくときっと参考になると思う。
そうすると、カーテンの奥にもぐりこんでいたのは、やっぱり、戦争中の記憶と関係あるんでしょうね、脱出口を確保しようと思ったのかもしれませんね。

普段は動作緩慢なのですが、時に思わぬことをするので、予想が立ちません。
[PR]
by amiamimami | 2007-06-07 23:20 | おじいちゃん